【上原 稔・ウリュウ ユウキ・衣斐 隆】『はこだてトリエンナーレ2019 横浜サテライト展 -ヨコハマに旅する芸術祭-』出展中

THE NORTH FINDER写真家会員の上原 稔・ウリュウ ユウキ・衣斐 隆の三名が、横浜駅構内で作品を展示いたします。
本展は、6月28日(金)から7月21日(日)まで、函館とその周辺で約一ヶ月にわたり開催される「はこだてトリエンナーレ2019 -みなみ北海道を旅する芸術祭-」に先立ち、”開港五港”の縁がある横浜で行われるプレ展示企画です。
「はこだてトリエンナーレ」は、2009年に「アートフェス・ハコトリ」の名称で始まり、以降2012年、2016年及び2017年とほぼ3年おきに開催されてきた、函館と道南の市民有志を中心に作られている芸術祭です。
5回目の今回は開港160周年及び北海道新幹線と道南いさりび鉄道線の開業3周年を記念し、函館市内から道南いさりび鉄道線沿いに北斗市・木古内町に至るエリアを会場として、約30人の作家が参加して開催されます。
ギャラリーや公共施設だけでなく、駅や車両も「はこトリ」の舞台となり、絵画、彫刻、写真、木工、アニメーション、音楽やダンスなどの多彩なプログラムが展開されます。

ウリュウと衣斐は2007年に2人展「Railway Story」(於・札幌市写真ライブラリー)を開催しており、また上原は両名との親交も深く、3名はともに「旅」「のりもの」「街」といったテーマで創作活動を続けています。
全国有数の乗降客数を誇る横浜駅で、3人がそれぞれに思う”旅”のかたちを写真に込めて展示します。ここを行き交う一人ひとりの”旅人”に、ぜひ足を止めて見ていただけたらと思います。

■はこだてトリエンナーレ2019 横浜サテライト展 -ヨコハマに旅する芸術祭-
会期:2019年5月18日(土)~26日(日)
会場:みなとみらい線・東横線 横浜駅 B2F南北連絡通路(西口側/改札外)
時間:初電~終電 駅営業時間中常時開放
観覧無料
https://shinhakodate.com/2019/news/making/hakoyoko1/